日学 電子黒板プランテージ【LF74T】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](日学 電子黒板) 日学(株)【05P03Dec16】, L.A.Select P.C.H. a0f52d60


日学 電子黒板プランテージ 電子黒板)【LF74T】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](日学 電子黒板) 日学 日学(株)【05P03Dec16】, L.A.Select P.C.H.:a0f52d60 --- knbufm.com




日学 電子黒板プランテージ 電子黒板)【LF74T】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](日学 電子黒板) 日学 日学(株)【05P03Dec16】, L.A.Select P.C.H.:a0f52d60 --- knbufm.com
model:4640527
当店通常価格306075.0000円 (税込)
価格278250.0000(税込)


【特長】
●全機種黒・赤・青・緑のマーカーカラー4色の印字が可能です。
●鮮明なコピーが得られる濃度調整機能付です。
●読み取り光源にLEDを使い、使用時の消費電力を最大92%カットしています。
●カラー印刷の他にUSBメモリーへのデータ保存やLAN経由で指定フォルダへのデータ保存も可能です。
●本体へデータ保存しないためセキュリティも万全です。

【用途】

【仕様】
●外形寸法(mm)幅×奥行×高さ:1462×620×1900
●ボード面寸法(mm)幅×高さ:1260×900
●コピー読取面数:4面
●記録紙:普通紙
●記録紙サイズ:A4
●記録色:黒・赤・青・緑
●質量(kg):39.0
●組立式

【材質/仕上】

【セット内容/付属品】
●イレーザー1個
●マーカーペン(黒・赤・青各1本)
●インクカートリッジ(ブラック・カラー 各1個)

【受注数(例:1Pk)内に含まれる数量(例:42本)】
-

【JANコード】
JANコード無し

【注意】
●組立費別途見積

【在庫種類】
●直送品
●直送品となります。
●代引き決済はご利用いただけません。

【別途送料について】
* 御注文金額が5,000円(税抜)以上の場合、送料無料とさせていただきます。
* 御注文金額が5,000円(税抜)未満の場合、送料600円(税抜)とさせていただきます。
* 重量物、多量注文、長物など通常の発送ができない場合、送料についてお見積致します。
* 北海道、離島、沖縄を除きます。

【納期】
1週間以内に発送予定

【ブランド】
日学

【メーカー】
日学(株)

【原産国】
日本

【オレンジブック掲載箇所】
2015年オレンジブック 4 1716
* 関連商品の掲載をしております。

【商品画像】
※商品画像は該当商品の画像となります。
※品番等をご確認していただき、お間違いのないようにご注文ください。

【環境配慮事項】
1

【エビデンス】
メーカー希望小売価格はメーカー広告に基づいて掲載しています。

【エビデンス出典】
エビデンスの出典となります。 格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

買い替えスマホナビ

日学 電子黒板プランテージ 電子黒板)【LF74T】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](日学 電子黒板) 日学 日学(株)【05P03Dec16】, L.A.Select P.C.H.:a0f52d60 --- knbufm.com

日学 電子黒板プランテージ 電子黒板)【LF74T】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](日学 電子黒板) 日学 日学(株)【05P03Dec16】, L.A.Select P.C.H.:a0f52d60 --- knbufm.com

格安スマホの数も増え選択肢が広がってきましたがその分しっかり自分に合ったものを選ばないといけません。格安スマホの違いはどんなところにあるのか、比較すべきポイントを抑えておきましょう。

格安スマホの違いと比較ポイント

それぞれの格安スマホにはどんな違いがあるのでしょう。
文字通り格安という部分では共通していますが具体的な料金も違いますしデータ通信量も違います。
日学 電子黒板プランテージ【LF74T】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](日学 電子黒板) 日学(株)【05P03Dec16】 他にも通信速度が違ったり機能が違ったりと意外と違いが多いことがわかります。
そのためどんな格安スマホを選んでも同じではなく、選び方によって使い勝手が大きく変わってくるのです。料金、データ通信量、機能性、主にこれら3つの違いを比較し自分に合った格安スマホを選ぶことになります。
人それぞれ重視する要素も違うので一概には言えませんがバランスのとれたものを選んだり、とにかく料金が安いものを選んだりと色々な考え方ができるでしょう。

料金の比較

格安スマホを選ぶ場合、料金は非常に重要な要素になるはずです。
しかしただ安いものを選べば間違いないかというとそうとも言い切れません。一般的に安い格安スマホほど機能が少なくなったりデータ通信量が減らされたりしているからです。
つまり料金が安くても使っていて不便さを感じてしまう可能性があります。自分がどんな機能を求めていてどれくらいのデータ通信量が必要なのか、これをしっかり考えたうえで条件を満たした端末の中でもっとも安い機種を選ぶことがポイントです。
ただただ安さを重視してしまうと契約してから後悔することも考えられます。
格安スマホというとどうしても料金を比較する必要がありそれは大事なことなのですが料金にだけ縛られることのないようにしましょう。

データ通信量について

料金と同じくらい重要なのがデータ通信量です。今のスマホは何をするにもネット接続が必要でかなりのデータ通信量を必要とします。
特にスマホで動画をよく見る、ゲームをするという方はデータ通信量に余裕がないと動画をスムーズに見られなかったりゲームが思うようにできなかったりします。安さも大事ですがデータ通信量がどのくらいかも必ずチェックしておきましょう。
もちろんWi-Fi環境が整っていてデータ通信量を気にすることがないならいいのですが、そうでない場合データ通信量が格安スマホの使い勝手を大きく左右します。
多少料金が高くなってもデータ通信量をしっかり確保する、これくらいの気持ちでもいいくらいでしょう。

日学 電子黒板プランテージ【LF74T】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](日学 電子黒板) 日学(株)【05P03Dec16】