>  > Zildjian/GEN16 13/16/18 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16 Zildjian/GEN16/18 BOX BRONZE SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】

Zildjian/GEN16 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16/18 BOX SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】, 由利町 6787676c


Zildjian/GEN16 13/16/18 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16 Zildjian/GEN16/18 BOX BRONZE SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】, 由利町:6787676c --- knbufm.com




Zildjian/GEN16 13/16/18 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16 Zildjian/GEN16/18 BOX BRONZE SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】, 由利町:6787676c --- knbufm.com
model:369006ds
当店通常価格122100.0000円 (税込)
価格111000.0000(税込)








次世代の制音シンバル、GEN16 BUFFED BRONZEシンバルに、DCP(音源)・DS(ダイレクトソースピックアップ)・ケーブル一式をパッケージしたBOX SET 登場!

GEN16 Buffed Bronze Cymbal:3種類

「GEN16」 Buffed Bronzeシリーズは、オリジナルGEN16(ニッケルプレートフィニッシュ)で蓄積されたノウハウをもとに製品化された、次世代の制音シンバル。
Buffed Bronzeの美しい仕上げ、ニッケルプレート製品に比べ一層あたたかみのあるサウンド、アコースティックシンバルとして演奏性が向上。アコースティックシンバルとの比較で、70%以上の音量カットに成功。自宅練習や大きな音量を出すことができない場所でのパフォーマンスに最適です。
打感はアコースティックシンバルに限りなく近く、アコースティックドラムにも、電子ドラムにも組み込んで使用可能です。シンバルに開いた穴を利用して、リベットやジングル、その他のアクセサリー取り付けが容易に行えます。

ダイレクトソース(DS)ピックアップ:3個

マイクで音を拾う従来のタイプから、シンバル表面に直接取り付けるセンサータイプのピックアップに生まれ変わり、DCP(Digital Cymbal Processor)に接続して使用することにより、様々な音色の変化をあなたのドラムに加えることが可能です。

DCP(デジタル・シンバル・プロセッサー[音源])1台

GEN16 Buffed Bronze Cymbalとダイレクトソース(DS)ピックアップを使用し、この20種類のプリセット・サウンドとプリセット・シンバルセットを内蔵したデジタル・シンバルプロセッサーにより、電子ドラムでの打感の良いシンバルパッドとしての使用はもちろん、様々な音色を出す、エレクトリック・シンバルとしてもお使いいただけます。

主な仕様

付属:マウントブラケット、ACアダプター 、ダイレクトソース・ピックアップと音源をつなぐケーブル一式

格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

買い替えスマホナビ

Zildjian/GEN16 13/16/18 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16 Zildjian/GEN16/18 BOX BRONZE SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】, 由利町:6787676c --- knbufm.com

Zildjian/GEN16 13/16/18 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16 Zildjian/GEN16/18 BOX BRONZE SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】, 由利町:6787676c --- knbufm.com

格安スマホの数も増え選択肢が広がってきましたがその分しっかり自分に合ったものを選ばないといけません。格安スマホの違いはどんなところにあるのか、比較すべきポイントを抑えておきましょう。

格安スマホの違いと比較ポイント

それぞれの格安スマホにはどんな違いがあるのでしょう。
文字通り格安という部分では共通していますが具体的な料金も違いますしデータ通信量も違います。
Zildjian/GEN16 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16/18 BOX SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】 他にも通信速度が違ったり機能が違ったりと意外と違いが多いことがわかります。
そのためどんな格安スマホを選んでも同じではなく、選び方によって使い勝手が大きく変わってくるのです。料金、データ通信量、機能性、主にこれら3つの違いを比較し自分に合った格安スマホを選ぶことになります。
人それぞれ重視する要素も違うので一概には言えませんがバランスのとれたものを選んだり、とにかく料金が安いものを選んだりと色々な考え方ができるでしょう。

料金の比較

格安スマホを選ぶ場合、料金は非常に重要な要素になるはずです。
しかしただ安いものを選べば間違いないかというとそうとも言い切れません。一般的に安い格安スマホほど機能が少なくなったりデータ通信量が減らされたりしているからです。
つまり料金が安くても使っていて不便さを感じてしまう可能性があります。自分がどんな機能を求めていてどれくらいのデータ通信量が必要なのか、これをしっかり考えたうえで条件を満たした端末の中でもっとも安い機種を選ぶことがポイントです。
ただただ安さを重視してしまうと契約してから後悔することも考えられます。
格安スマホというとどうしても料金を比較する必要がありそれは大事なことなのですが料金にだけ縛られることのないようにしましょう。

データ通信量について

料金と同じくらい重要なのがデータ通信量です。今のスマホは何をするにもネット接続が必要でかなりのデータ通信量を必要とします。
特にスマホで動画をよく見る、ゲームをするという方はデータ通信量に余裕がないと動画をスムーズに見られなかったりゲームが思うようにできなかったりします。安さも大事ですがデータ通信量がどのくらいかも必ずチェックしておきましょう。
もちろんWi-Fi環境が整っていてデータ通信量を気にすることがないならいいのですが、そうでない場合データ通信量が格安スマホの使い勝手を大きく左右します。
多少料金が高くなってもデータ通信量をしっかり確保する、これくらいの気持ちでもいいくらいでしょう。

Zildjian/GEN16 《ジルジャン》 BUFFED BRONZE 13/16/18 BOX SET [NAZLG16BS2DS]【お取り寄せ品】