>  ×

4,838,000

検索ツール

98 のうち 100 に基づく 8380 ユーザーの評価


1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ トヨタ ハイラックス マウンテンライダー【47394】 タミヤ, カラツシ 8b380a97


1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ 1/10 トヨタ トヨタ ハイラックス ハイラックス マウンテンライダー【47394】 タミヤ, カラツシ:8b380a97 --- knbufm.com




1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ 1/10 トヨタ トヨタ ハイラックス ハイラックス マウンテンライダー【47394】 タミヤ, カラツシ:8b380a97 --- knbufm.com
model:4950344473946-52-15041
当店通常価格83160.0000円 (税込)
価格75600.0000(税込)



【返品種別B】
□「返品種別」について詳しく□
■新製品■
2019年04月 発売


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。


【商品紹介】
タミヤ 1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ トヨタ ハイラックス マウンテンライダーです。

【 ギヤチェンジも楽しい、実感のメカとスタイル 】
1980年代のアメリカを中心に日本国内でも大きな支持を集め、今なお根強い人気を誇る四輪駆動ピックアップトラック、トヨタ・ハイラックス(RN36型)を再現した電動ラジオコントロールカーの組み立てキットです。
実車同様のラダーフレームに、540モーター仕様の組み立て式3速トランスミッションを搭載し、RC操作で走行中に軽快なギヤチェンジが楽しめます。
サスペンションは金属製のアクスルハウジングをリーフスプリングとシャックルで位置決めし、リヤにラジアスロッドを装備したリジッドタイプ。
フロントには金属製のアンダーガードも装備してタフな走りを支えます。
また、ラダーフレームやリーフスプリング、アクスルハウジング、ホイールハブなど金属パーツを多用した実感あふれる構成は組み立ての面白さも充分。
ロールバーを装備したピックアップボディはスケール感の高い耐衝撃樹脂製。
メッキ仕上げのホイールに直径123mmの大径タイヤを装備して車高をグッと持ち上げたスタイルも魅力です。

【 実車説明 】
1968年に初代モデルが誕生して以来、日本はもちろん世界各地に輸出されロングセラーを続けるトヨタのピックアップトラック、ハイラックス。
1978年に登場した3代目ハイラックス(30/40系)の中で、輸出専用モデルとして開発されたRN36型は現在でも世界中のファンに愛されています。
コンパクトでタフな軽い車体に98馬力を発揮する排気量1968ccの4気筒ガソリンエンジンを搭載して、スポーティーでパワフルな走行性能を発揮。
さらに、リジッドアクスル式サスペンションは、フロント・リーフスプリングのシャックルが後方に配置されるなど、前後ともに十分な対地障害角が確保され、クロスカントリー走行やトライアル競技でも活躍を見せました。
また、丸形2灯のヘッドライトを採用したフロントグリル、前後のオーバーフェンダー、大径タイヤを装着した腰高なスタイルも特徴でした。
主に北米に輸出されたRN36型ですが、その後、日本でも販売が開始され「サブロク」と呼ばれ親しまれています。


【商品仕様】

  • 電動RC
  • 1/10スケール
  • 未塗装・組み立てキット
  • 全長525mm、全幅278mm、全高275mm、車体重量約3.2kg
  • トレッド=フロント200mm、リヤ218mm
  • ホイールベース=287mm
  • タイヤ幅/径=前後とも60/123mm
  • モーター=RS540タイプ
  • 駆動方式=縦置きモーターシャフトドライブ4WD
  • デフギヤ方式=前後とも6ピニオンギヤデフ
  • ダンパー=前後ともオイルダンパー
  • ギヤレシオ=ロー1:54.63(4WD) セカンド1:40.49(2WD) トップ1:27.92(4WD)
  • コントローラー=ESC仕様(別売)


  • 【別にお求めいただくもの】
  • ファインスペック2.4G 4チャンネルプロポ(送信機・受信機セット)の他にサーボ2個とESCが必要
  • 送信機用単3形電池4本





  • (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。) 格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

    買い替えスマホナビ

    1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ 1/10 トヨタ トヨタ ハイラックス ハイラックス マウンテンライダー【47394】 タミヤ, カラツシ:8b380a97 --- knbufm.com

    1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ 1/10 トヨタ トヨタ ハイラックス ハイラックス マウンテンライダー【47394】 タミヤ, カラツシ:8b380a97 --- knbufm.com

    格安スマホの数も増え選択肢が広がってきましたがその分しっかり自分に合ったものを選ばないといけません。格安スマホの違いはどんなところにあるのか、比較すべきポイントを抑えておきましょう。

    格安スマホの違いと比較ポイント

    それぞれの格安スマホにはどんな違いがあるのでしょう。
    文字通り格安という部分では共通していますが具体的な料金も違いますしデータ通信量も違います。
    1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ トヨタ ハイラックス マウンテンライダー【47394】 タミヤ 他にも通信速度が違ったり機能が違ったりと意外と違いが多いことがわかります。
    そのためどんな格安スマホを選んでも同じではなく、選び方によって使い勝手が大きく変わってくるのです。料金、データ通信量、機能性、主にこれら3つの違いを比較し自分に合った格安スマホを選ぶことになります。
    人それぞれ重視する要素も違うので一概には言えませんがバランスのとれたものを選んだり、とにかく料金が安いものを選んだりと色々な考え方ができるでしょう。

    料金の比較

    格安スマホを選ぶ場合、料金は非常に重要な要素になるはずです。
    しかしただ安いものを選べば間違いないかというとそうとも言い切れません。一般的に安い格安スマホほど機能が少なくなったりデータ通信量が減らされたりしているからです。
    つまり料金が安くても使っていて不便さを感じてしまう可能性があります。自分がどんな機能を求めていてどれくらいのデータ通信量が必要なのか、これをしっかり考えたうえで条件を満たした端末の中でもっとも安い機種を選ぶことがポイントです。
    ただただ安さを重視してしまうと契約してから後悔することも考えられます。
    格安スマホというとどうしても料金を比較する必要がありそれは大事なことなのですが料金にだけ縛られることのないようにしましょう。

    データ通信量について

    料金と同じくらい重要なのがデータ通信量です。今のスマホは何をするにもネット接続が必要でかなりのデータ通信量を必要とします。
    特にスマホで動画をよく見る、ゲームをするという方はデータ通信量に余裕がないと動画をスムーズに見られなかったりゲームが思うようにできなかったりします。安さも大事ですがデータ通信量がどのくらいかも必ずチェックしておきましょう。
    もちろんWi-Fi環境が整っていてデータ通信量を気にすることがないならいいのですが、そうでない場合データ通信量が格安スマホの使い勝手を大きく左右します。
    多少料金が高くなってもデータ通信量をしっかり確保する、これくらいの気持ちでもいいくらいでしょう。

    1/10 電動RC組立キット 4×4ピックアップ トヨタ ハイラックス マウンテンライダー【47394】 タミヤ