>  ×

4,889,000

検索ツール

98 のうち 100 に基づく 8893 ユーザーの評価


TOA 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W [ER1106W], バッグ専門店 Bellect(ベレクト) 8893f26f


TOA [ER1106W] 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W ER1106W TOA [ER1106W], バッグ専門店 Bellect(ベレクト):8893f26f --- knbufm.com




TOA [ER1106W] 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W ER1106W TOA [ER1106W], バッグ専門店 Bellect(ベレクト):8893f26f --- knbufm.com
model:2123601017975
当店通常価格15048.0000円 (税込)
価格13680.0000(税込)


[TOA 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W] の商品説明

  • 定格出力6Wで小型、軽量のホイッスル音付防滴メガホンです。
  • 注意を促すためにホイッスル音が使用できます。
  • 付属のバッテリースペーサーを使用すると、単3形乾電池4本でも使用できます。
  • ハンドル、マイクに抗菌処理を施していますので、衛生上、安全に使用できます。
  • ※乾電池は付属しておりませんので別途ご用意ください。
  • [TOA 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W]のスペック

    ●電源:単3形乾電池 R6PU×6(DC9V)またはR6PU×4(DC6V)
    ●定格出力:6W(単3形乾電池6本使用時)
    ●最大出力:10W(単3形乾電池6本使用時)
    ●単3形乾電池6本使用時(JEITA)持続時間:(音声時)約10時間、(ホイッスル時)約30分
    ●単3形乾電池4本使用時(JEITA)持続時間:(音声時)約6時間、(ホイッスル時)約10分
    ●通達距離:(音声時)約250m(JEITA)、(ホイッスル時)約315m(JEITA)
    ●信号音:ホイッスル(笛)
    ●周波数特性:450Hz~6kHz(SPL-20dB)
    ●磁気回路:ネオジュームマグネット、内磁型
    ●ダイアフラム:ポリイミドフィルム(振動板,ボビン)
    ●抗菌処理:マイク部、ハンドル部
    ●使用温度範囲:-10℃~+40℃
    ●防水性能:IPX5
    ●素材:(本体)ASA樹脂、(ストラップ)ナイロン
    ●寸法: W15.4×H26.6×D25cm
    ●質量:680g(電池別)
    ●付属品:バッテリースペーサー×1、ハンドルキャップ×1
    格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

    買い替えスマホナビ

    TOA [ER1106W] 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W ER1106W TOA [ER1106W], バッグ専門店 Bellect(ベレクト):8893f26f --- knbufm.com

    TOA [ER1106W] 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W ER1106W TOA [ER1106W], バッグ専門店 Bellect(ベレクト):8893f26f --- knbufm.com

    格安スマホの数も増え選択肢が広がってきましたがその分しっかり自分に合ったものを選ばないといけません。格安スマホの違いはどんなところにあるのか、比較すべきポイントを抑えておきましょう。

    格安スマホの違いと比較ポイント

    それぞれの格安スマホにはどんな違いがあるのでしょう。
    文字通り格安という部分では共通していますが具体的な料金も違いますしデータ通信量も違います。
    TOA 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W [ER1106W] 他にも通信速度が違ったり機能が違ったりと意外と違いが多いことがわかります。
    そのためどんな格安スマホを選んでも同じではなく、選び方によって使い勝手が大きく変わってくるのです。料金、データ通信量、機能性、主にこれら3つの違いを比較し自分に合った格安スマホを選ぶことになります。
    人それぞれ重視する要素も違うので一概には言えませんがバランスのとれたものを選んだり、とにかく料金が安いものを選んだりと色々な考え方ができるでしょう。

    料金の比較

    格安スマホを選ぶ場合、料金は非常に重要な要素になるはずです。
    しかしただ安いものを選べば間違いないかというとそうとも言い切れません。一般的に安い格安スマホほど機能が少なくなったりデータ通信量が減らされたりしているからです。
    つまり料金が安くても使っていて不便さを感じてしまう可能性があります。自分がどんな機能を求めていてどれくらいのデータ通信量が必要なのか、これをしっかり考えたうえで条件を満たした端末の中でもっとも安い機種を選ぶことがポイントです。
    ただただ安さを重視してしまうと契約してから後悔することも考えられます。
    格安スマホというとどうしても料金を比較する必要がありそれは大事なことなのですが料金にだけ縛られることのないようにしましょう。

    データ通信量について

    料金と同じくらい重要なのがデータ通信量です。今のスマホは何をするにもネット接続が必要でかなりのデータ通信量を必要とします。
    特にスマホで動画をよく見る、ゲームをするという方はデータ通信量に余裕がないと動画をスムーズに見られなかったりゲームが思うようにできなかったりします。安さも大事ですがデータ通信量がどのくらいかも必ずチェックしておきましょう。
    もちろんWi-Fi環境が整っていてデータ通信量を気にすることがないならいいのですが、そうでない場合データ通信量が格安スマホの使い勝手を大きく左右します。
    多少料金が高くなってもデータ通信量をしっかり確保する、これくらいの気持ちでもいいくらいでしょう。

    TOA 防滴メガホン(ホイッスル音付) ER1106W [ER1106W]